石川祐支&大平由美子デュオ・リサイタルを聞いて

昨日9月22日にKitara小ホールで札響首席チェリストの石川さんとピアニスト大平由美子さんのリサイタルを聞く。2年前にも共演していたのだが、実はプログラムがすごい。2年前には前半の最後にベートーヴェンの3番を、後半の最後にブラームスの1番を配す選曲で、いやすごいなと思ったものだけど、今回はそれをも上回る内容になった。

 

 ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第4番

 シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ

 シューマンアダージョとアレグロ

 ブラームス:チェロ・ソナタ第2番

 

 と、どれが取りになってもおかしくない曲ばかりが4曲並ぶ。チケットを買い、あらためてチラシを見て曲目を確認した時は驚いた。1回の演奏会でこれを全部弾くのかと思うと少し引いたくらい。さすがにというべきか、終演後にお二人が挨拶されたけど、出てくる言葉が「どれもメインになってもおかしくない」「シューマンが終わったところで力尽きそうだった(大平)」「重量級」「聞かれた皆さんもお疲れのことと思います(石川)」。全面同意します。

 

 この演奏会に先立つ9月10日には同じく札響の廣狩さん夫妻を中心とするレイラ弦楽三重奏団の演奏会があり、この時のプログラムはモーツァルトも含めてブリテンナウマンの曲というなかなか渋い選曲で楽しませていただいたが、今回のは堂々の直球勝負といった趣の、それこそ「重量級」で聞かせてくれた。リサイタルには「ドイツ音楽の夕べ」とこれだけだとちょっとロマンチックに響くサブタイトルがついているけど、腹応えは十分以上であります。ただ、私はチェロを弾いているというか、触っている身ではありますが、これらの曲は弾いたこともなければ、あまり聞いてもいないという奴です。そういう前提でこれから感想を。

 

 演奏会の最初の曲はベートーヴェン!それも変奏曲ならともかく後期のソナタの第4番!最初からこれですからね。正直、大平さんの筆によるパンフレットの解説を頭に入れて聞いて納得するだけ。すみません、勉強します。次いで、「アルペジョーネ・ソナタ」。これは演奏会でも何回か聞いているし、CDも持っている。今回こうしてあらためて聞くと、というか見ていると親しみやすいきれいな旋律があちらこちらにある曲だけど親指ポジションがとんでもないことになっていることに初めて気付いた。そもそも想定された楽器が違うということが原因なんだけど、チェロで弾くとたいへんな技術が要求されるそうな。石川さんの演奏を見ていると、そのポジションがすらすらと弦の上を滑るように決まり、プロの人の伎倆にあらためて感じ入った。聞いているだけなら親しみやすい良い曲だなで終わるのかもしれないが、藤四郎さんが手を出す曲じゃないことはよくわかった。

 

 後半はシューマンから。恥ずかしながら初めて聞く曲です。題名のとおり二部に分かれた曲で、最初はゆったりきれいな旋律で始まる。チェロはその最初から一段とリキが入っていることが分かる音だ。いやあ、良い曲だなと思っているうちに後半のアレグロのところに。ここでは曲想がだんだんヒートアップしていき、どういうふうに表現すれば良いかわからないけどシューマン独特の昂揚感が前面に出てくる。石川さんがそこのところを十分にくみ取って盛り上げていくところは素晴らしかった。終わるとブラーヴォが飛び出したけど、それほど場違いという感じはしなかった。そして最後のブラームス。石川さんがチェリストとしての美質は歌の流麗さにあると思っている。けっこう難しそうなフレーズでも全くよどみを感じさせずに、やや高い方に寄ったきれいな音で滑らかに音楽が流れていく。こんな風に書くとひたすら美音で音楽がすらすらと進み、そして終わるみたいに取られるかもしれない。ブラームス室内楽は最初から取っつきやすい曲もあれば、聞いていても?という曲がある。この第2ソナタは私的には取っつきにくい曲なのだ。でも、この日の演奏ではこの曲がよく見えた。少し驚いたくらいで、とりわけ1楽章と4楽章が。ただきれいに音を繋いでいくだけの演奏なら聞いているうちに迷子になってしまう。もしかしたらちゃんとそこのところは工夫があるのかなと思った。そんなことは全くありません、と言われてしまうかもしれないが、交響曲を聞いていてもしょっちゅう迷子になる私にはちょっと驚きの演奏でありました。

 

 終わった後のお二人の挨拶を聞いているとどうも次がありそうな予感。であればまた聞きにいこう。でも、先ほどのレイラはあれが最後とのアナウンスがあり、キタラ・ホールSQも今後は予定がない中、少し救いになったがやはり寂しいものがある。レイラも再開してほしいと書いたが、SQも再開しないものだろうか。時に大森さんがぐいぐい引っ張っていく演奏をまたぜひ聞きたいものだが。

 

f:id:polyphony3:20140923225709j:plain